はじめに

プロポーズは結婚の決め手となる大きなポイント。愛し合う二人にとっては大きな決意の瞬間であり、大切な思い出となります。ここをしっかりキメておかないと、何年経っても夫婦喧嘩の時にぶり返されたりして一生後悔するかも。

シチュエーションによってはなかなか現実味がないものもありますが、この15選を参考に、ステキな瞬間を演出してはいかがですか?

結婚するという覚悟をしっかりと相手に伝えてみましょう。

彼女が思わずグッとくる!?素敵なプロポーズの言葉15選

1.「僕を夫にしてください」

最近は「俺についてこい!」とぐんぐん引っ張る男性も少なくなりました。一方的に引っ張られるのを嫌う女性も増えていたり。そもそも人間以外の動物の求愛行動を見ていると、相手に気に入られようと涙ぐましいほどの努力をしていますよね。もし動物たちが言葉を話すとしたら、こんなセリフがぴったりだと思いませんか?

2.「これからは、毎朝一緒に歯磨きしませんか?」

結婚生活となれば表も裏も見せ合いっこ。女性が素顔を見せるのに勇気がいるように、男性も素の姿を見られるのには抵抗があるはず。朝起きたばかりの寝癖がつきまくりの不恰好な姿も、お世辞にも爽やかとは言えない吐息も、お互いさまです。すべてを受け入れあいましょうという気持ちを込めて。

3.「お腹が出てもハゲになっても、一緒に歩いてくれますか?」

家系的に、将来は髪の毛が薄くなりそうだと密かに恐れているのなら、そんな不安をさらけ出してしまいましょう。彼女のほうも、家系的に現在の姿とは似ても似つかない、ふくよかすぎる身体つきになることを恐れているかもしれません。母性本能をくすぐって、私の手料理できっとフサフサの髪を維持してみせる!なんて思わせたら大成功?!

4.「苗字を一緒にしませんか?」

夫婦別姓や事実婚という考え方も叫ばれている昨今ですが、まだまだ結婚=入籍(苗字は一つ)というのが一般的です。直球勝負の「結婚してください」や、気の利いたサプライズ演出は照れくさくて性に合わないという男性も、この言葉なら堂々と口にできるのでは?

5.「○○様、ジュエリーショップ△△までお越しください」

よく迷子探しやお店からお客へ何か伝えたい時などにデパートなどで流される、あの館内放送です。お手洗いに行くふりでもしながら姿をくらますあなた。探し始める彼女。その時あなたが依頼した館内放送が流れ・・・彼女はジュエリーショップで待つあなたの元へ。もちろんその後は・・・。いかがでしょう?

6.「ハッピーバースデー!?」

  • 彼女の誕生日

花束やプレゼントにバースデーカードを添えましょう。ウェディング用のオルゴール付きカードが良いかも。封筒を開けると、カードの他にもう一枚何かが入ってる・・・・そう、婚姻届です!

7.「長い新婚旅行になるけど、楽しもうよ」

  • 海外赴任が決まってしまったあなた

数年は戻れないと告げた時の、彼女のちょっと寂しげな、でもそんな気持ちを隠そうと強がったような笑顔・・・。もうここが決め時ですね。

8.「遠距離夫婦になってくれないか?」

  • 遠距離恋愛中の場合

大抵は女性のほうが不安になります。男性は仕事に没頭して彼女に注意を向けなくなることがありますが、女性は仕事が忙しくても彼のことが常に頭の片隅にあるといわれます。なかなか会えないのに、男性の携帯電話がいつも留守電だったりすると不安になるのです。彼女との結婚を考えているのなら、まずはプロポーズしてみるのはどうでしょう。

9.「いつになったら私を幸せにしてくれるの?」

  • 女性から男性への逆プロポーズ

男性にとっても結婚は人生の大仕事。プロポーズの瞬間から、家庭を築くという責任が二人の間に生じてきます。二人だけの関係が、お互いの家との結びつきも含めた関係になる。真面目な彼ほどなかなか決断が下せず、年月だけが経っていく・・・・。

そんな時は女性から思いきってプロポーズしてもいのでは?ひるんで彼が去っていくのならそれもも良し。次の出会いを探す時間のほうがよほど大切です。もちろん貴女の逆プロポーズが引き金になって、彼が決心してくれたら最高ですね。

10.「婚約指輪!」

  • 女性から男性への逆プロポーズ

逆プロポーズのセリフをもう一つ。誕生日が近づいてきた頃、彼から「プレゼントは何がいい?」と聞かれたら、思いきって直球勝負です。ただし、よほどの自信がなかったらやめておいたほうが身の為かも・・・。

11.「君の○○をあと2,000回は食べたい。作ってくれる?」

○○には、あなたの好きな、彼女の得意料理の名前が入ります。結婚してその料理が食卓に上る回数を、1ヶ月に3回と仮定します。1年で36回。30歳で結婚して80歳まで一緒にいるとすれば50年。36回x50年=1,800回。いつまでも二人が健康で、長生きしたいという願いをプラスして、2,000回。大丈夫、きっと彼女は作ってくれます。

12.「この夜景を婚約指輪として贈りたい。受け取ってくれますか?」

本物の婚約指輪をプロポーズの時に用意するのは、感動のサプライズ演出となりますが、彼女がもしも受けてくれなかったら涙もの。でも夜景ならそんな心配はありません。もちろん彼女がOKしてくれたら後から必ず、本物の指輪を贈りしましょう。でないと一生、婚約指輪を夜景にすり替えられたっ!と言われてしまいますからね。

13.「おじいちゃんとおばあちゃんになってもまた一緒に、この夜景を見に来よう」

夜景バージョンをもう一つ。うっとりしている彼女に、この言葉はきっと効きます。今夜の夜景が、二人にとって永遠の思い出になるのです。将来本当に、おじいちゃんとおばあちゃんになってまた見られたら素敵ですし、もし不幸があってその前にどちらかが天国に行ってしまっても、残されたもう一人にとって大切な思い出の場所になりますね。

14.「結婚してください」

何のひねりもない言葉ですが、これが意外と効きます。特に普段ユーモアのセンスいっぱいの男性がこの時だけは真顔で、彼女の目をじっと見つめながらこのストレートな言葉を発したら・・・・。新鮮な響きとまなざしは、彼女の心にまっすぐ届くことでしょう。

15.無言

男たるものたまには無言で決意を示せ!例えば彼女がうたた寝している間に、そっと左手の薬指にエンゲージリングをはめてあげるのです。目が覚めて指輪に気付いた彼女は驚き、目にうるうると感激の涙をためるかも。

感謝の気持ちを忘れずに

大人になって好きな人と結婚する・・・。当たり前のことのようで当たり前ではないのです。世の中には貴方と同じように結婚を望みながら、様々な事情で断念する人もいます。人生の新たな一歩を踏み出せることに感謝して、勇気を持ち、相手を思いやって、ステキな結婚生活へと進んでいってください!

(Photo:Boda - Wedding By Juan Antonio Capó